ビジネス街品川のバーチャルオフィス利用にかかる費用の相場

自分自身で事業を行なうために開業したい場合には、事務所の場所探しから賃貸する際の敷金や礼金など莫大な開業資金が必要となります。開業資金が少ない場合には、バーチャルオフィスを利用するという選択肢もあります。このオフィスはレンタルオフィスとは異なり、業務を行なうデスクやスペースなどがなく、事務所として必要な住所と電話番号やFAX番号がレンタルできるサービスとなります。そのため、都心の一等地など信頼度の高い場所の住所が持てることができ、そのレンタルした住所や電話番号などは名刺に記載できるので、対外的にも使えます。いきなり高額な賃貸料を支払うリスクがなく、しっかりとした一般的な事務所に見せることができるということです。品川エリアは、都内有数のオフィス街のひとつでもありますので住所に利用するには最適と言えます。

住所や電話番号のレンタルに必要な費用

バーチャルオフィスも自社ビルをオフィスにしている所や会社がビルを賃貸している所、レンタルオフィスと併設しているなどさまざまなタイプがあります。それぞれの会社によって、初期費用をはじめ住所や電話番号などのレンタル料などの料金設定も異なりますが、品川エリアでは月額で4,000円から10,000円が相場となっています。当然のことながら、相場金額よりも飛びぬけて格安なオフィスもありますが、その場合には提供しているサービスなども異なりますので、事前に詳細を十分に確認しておくことが大切です。ほとんどのオフィスには、顧客や取引先との商談や会議に利用できるレンタル会議室を完備していますので、別料金で利用ができ一般的な会社と同様に見せることもできます。また、特に女性の場合には自宅とは別な住所と電話番号が使えることから、自分自身のセキュリティ面でも安全です。

メリットも多いがデメリットもあることに理解が必要

品川には、大手企業が入居している有名オフィスビル内のバーチャルオフィスもありますので、選べばかなりの信用度が得られるのも魅力です。開業のための経費を抑えられるなどのメリットも多くある一方でデメリットもあることを知っておくことも必要です。一番大きなデメリットは、住所は複数の会社が利用しているため、住所で検索された場合には他の会社が出てきてしまい、バーチャルオフィスであることが相手側にばれてしまうことです。郵便物もそのまま転送してくれるサービスがあった場合でも、通常の郵送よりも時間がかかることや、電話代行などの場合の応対が悪いことなどもあり心象を悪くしてしまうこともあります。そのため、レンタルした電話番号に電話をしてみることやレンタル会議室の受付スタッフの対応を確認することも重要です。