東京の品川にあるバーチャルオフィスを利用するメリット

バーチャルオフィスとは、起業して事業を始める際に必要となる住所や電話番号、FAX番号などをレンタルできるサービスのことを言います。レンタルオフィスとは異なり、実際に業務を行なう事務所スペースがあるわけでなく、あくまでも住所や電話番号をレンタルすることだけとなります。レンタルオフィスも同様に住所や電話番号をレンタルできますが、こちらは事務所としての部屋が付いたものを言うため、この違いを十分に理解しておく必要があります。そのため、部屋の賃貸料がかからない分、起業するにあたっての初期費用を抑えられるほか、月々の経費がかからないのが魅力とも言えます。とは言え、メリットだけでなくデメリットもあることも事前に把握したうえで利用することが重要です。

起業資金の少ない方に有効的な反面デメリットもあるオフィス

品川エリアには、いくつかのバーチャルオフィスが点在しています。品川をはじめとする都心で有名なオフィス街や人気のエリアでの住所で費用をかけずに起業ができるメリットがある一方で、一般的な事務所を構えることとは異なりさまざまなデメリットもあります。まずは、住所や電話番号がレンタルなため、会社の法人としての銀行口座の開設ができないことが多いため、法人口座がないと取引ができない場合もあることが最大のデメリットです。社会保険や雇用保険の申請のほか、許認可が必要となる事業も許認可されない可能性もあります。起業のための創業融資についても、事業としての実態がないために通らないこともあります。また、インターネットの検索などでも住所を複数の会社が使用しているため、ほかの会社が表示されてしまうこともデメリットです。

小規模なビジネスであればメリットの多いバーチャルオフィス

品川に関わらずバーチャルオフィスを利用するには、将来取引を増やし事業規模を拡大することを考えず、自分ひとりで行なえる小さなビジネスを始める方には最適です。とは言え、それぞれのオフィスの特性を十分に理解して利用することをお勧めします。オフィスによっては、レンタルオフィスを併設している、電話代行や秘書代行だけを行なっているや郵便物の代行も行なっているなどさまざまなため、事前に行なっているサービスを確認することが大切です。電話応対サービスを行なっている場合には、あらかじめ登録しておいた電話番号へ転送されることもあり、オフィスによっては別途電話応対サービス料金がかかることもあります。電話応対サービスで直接電話を取る場合には、事前に一度電話をかけてその対応を確認しておくことも肝心です。オフィスの中には、会議室などの利用ができるところもありますので、その際には受付の方の対応にも重視しておくことも必要です。

法令で保管が義務付けされている書類を当社は無料で保管することが可能です。 ホームページからのお申し込みも受け付けております。 株式会社Karigoは2006年8月に設立致しました。特定の店舗番号(050)に関しましては転送電話の転送方式を無料で選択できます。 全国各地に店舗がございますのでお気軽にお問合せ下さい。 ビジネス・お仕事をしていく際に一番重要な「住所」の住所貸しを致します。 品川でおすすめのバーチャルオフィスはこちら